知っ得情報

レンタカーでETCをレンタルできるの?自分のETCカードを利用する場合との違い

レンタカーでETCをレンタルできるの?自分のETCカードを利用する場合との違い

高速道路を移動する際は、料金所ごとに停車する必要のないETCが利用できると便利です。

自家用車であればETCを利用した人も多いので勝手が分かっていると思いますが、レンタカーを利用しようと考えている人や、普段あまり利用する機会のない人は

良くある疑問
良くある疑問
レンタカーにETCは掲載されているの??
良くある疑問
良くある疑問
ETCカードを自分で持っていないときは、車と一緒に貸してもらえるの??

と気になる人も多いでしょう。

ETCをレンタカーで利用する方法や利用時の注意点など、レンタカーのETC事情を詳しく解説するので事前にチェックしておきましょう。

レンタカーを最大15%安く借りられるカースタレンタカー

ネット予約で最大15%offになるレンタカーを予約する

レンタカーでもETCは利用可能

レンタカーでもETCは利用可能
レンタカー会社のほとんどは、ETCの利用も可能です。

レンタカーでもETCを利用したいときは、自分が所有しているETCカードを使う方法とレンタカー会社が所有するETCカードを使う方法の2種類があります。

まずはそれぞれの利用方法を確認しておきましょう。

自分のETCカードを使う方法

自分が所有しているETCカードを利用する場合は、借りた車のETC車載器を利用します。

ほとんどの車にはETC車載器が標準装備されていますが、なかには搭載していないレンタカーもあるため注意が必要です。

レンタカーを予約する際は、ETC車載器を搭載しているかどうかも確認しましょう。

3つのメリット

自分が所有するETCカードを使用するメリットには以下のようなメリットがあります。

  1. ETC搭載の車を保有するレンタカー会社であれば、どのレンタカー会社でも利用できる
  2. 走行分のポイントを貯められる(各種)
  3. 高速道路・有料道路を利用する曜日や時間帯によっては割引が受けられる

ETCカードは手元にあるのでETC搭載の車を保有しているレンタカー会社なら好きなところを選べ、ETCマイレージサービスに登録していれば自分のETCカードにポイントが貯まります。

利用時間によっては、後日還元される平日朝夕割引も受けられるでしょう。

2つのデリット

一方デメリットとしては以下のような点が挙げられます。

  1. 自宅に置き忘れたときや有効期限が切れていたときはETCを利用できない
  2. ETCカードを車内に置き忘れてしまう可能性がある

特にETCカードの貸し出しをしていないレンタカー会社を選び、自宅にETCカードを置き忘れたときや当日有効期限が切れていたときは ETCを利用できません

仮にETCカードの貸し出しをしているレンタカー会社でも、当日の受付は対応できない可能性があるため注意が必要です。

ETCカードをレンタルする方法

自社で所有するETCカードをオプションで貸し出しているレンタカー会社もあります。

レンタカー会社のETCカードを利用する場合は、予約時にETCカードもレンタルしたい旨を伝え、事前に予約をしておけば利用できます。

レンタカー会社のETCカードを利用する際の料金相場は300円前後で、実際にかかった高速道路・有料道路の利用料金を基本料金と合算して支払うことになります。

2つのメリット

レンタカー会社からETCカードを借りるメリットは下記2点。

  1. 自分のETCカードを所有していなくても高速道路や有料道路をスムーズに通過できる
  2. 高速道路・有料道路の利用料金と基本料金を合算するので割り勘にしやすい

友達同士で利用する際は、車の利用料金を支払うときに高速道路・有料道路の利用料金も一緒に割り勘ができて便利です。

ETC休日割引の図解
【2022年は注意】ETCの休日割引は何時まで?深夜割引も含めて「図解」で理解♪ETCの休日割引の時間や適用条件、割引率について図解で理解できます。休日に高速道路を走るなら、休日割引を利用するのが断然お得です。深夜割引や平日朝夕割引についても参考にしてください。...

【2022年は注意】ETCの休日割引は何時まで?深夜割引も含めて「図解」で理解♪

2つのデメリット

デメリットとしては以下の点などが挙げられます。

  1. 対応しているレンタカー会社が限られている
  2. 事前に予約をしていないと利用できないことがある

レンタカー会社で貸し出せるETCカードの枚数には限りがあるため、事前に予約していない人は借りられないこともあります。

自分のETCカードを使う場合の流れ

自分のETCカードを使う場合の流れ

自分が所有するETCカードを使うときは、初めにETC搭載車を所有しているレンタカー会社を探し予約します。

当日は予約した車で自分のETCカードを使用し、最後はETCカードを抜き取って車を返却すれば完了です。

車のレンタル料金はレンタカー会社へ支払い、高速道路・有料道路の利用料金は自分のクレジットカードの支払日に引き落としされます。

利用明細は、通常クレジットカードを利用したときと同じようにインターネットもしくはクレジット会社から送付される請求書を見れば確認可能です。

走行明細を詳しく知りたい場合は、ETC照会サービスを利用すれば確認できます。

レンタカー会社からETCカードをレンタルする場合の流れ

良くある疑問
良くある疑問
友達と複数で出掛けるので、割り・勘がしやすいようにレンタカー会社のETCカードを使用したい
良くある疑問
良くある疑問
ETCカードを所有していない

そのような場合は、車とETCカードの貸し出しを行っているレンタカー会社を探し、店舗に問い合わせて予約をする形が基本です。

当日は店舗で注意事項を聞き、同意書にサインをしてからETCカードを受け取り利用します。

ETCカードの利用料金は帰着時に確認され、レンタカーの利用料金と一緒に支払い終了です。利用明細は一般的に精算時にもらえる明細に記載されています。

レンタカーでETCを使う際の注意点

自分が所有するETCを使う際は、ETCカードの置き忘れに注意しましょう。

レンタカーでETCを使う際の注意点
自宅にETCカードを置き忘れると当然ながらETCを利用できません。

またレンタカーを返却する際も、ETC車載器に差し込んだままにしてしまうと後日郵送などで返してもらう必要があります(もしくは引き取りに再度店舗に訪問)。

レンタカー会社のETCカードを借りる場合は、ETCカードの紛失や破損に注意が必要です。

ETCカードを紛失したり、破損したりすると弁償しなければなりません。

万が一途中で紛失や破損に気が付いた場合は、分かった時点で速やかにレンタカー会社に連絡をしましょう。

まとめ

レンタカーでは自分が所有するETCカードを利用したり、レンタカー会社が所有するETCカードをレンタルしたりできます。それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分に合った方法を選びましょう。

カースレンタカーでは、一部の車両を除き原則標準で、ETC車載器を搭載しています。またETCカードはお客様に用意いただいています。

弊社サービスは電話、窓口、インターネットから簡単に予約ができて、会員登録をしてから利用すると料金がお得になります。

さらに出発日の3日以上前であればキャンセル料はかかりません。自分のETCカードを利用して移動したい場合は、カースレンタカーをご利用ください。

車載器のなしでもETCは通れる?
ETCは車載器なしでも割引される?「損・得」を最初から知っておこう車載器を利用するまでには、車載器の購入、情報の登録、専門業者による設置が必要となり料金がかかります。事故防止のため、高速道路へ入る前にETCカードの有無や有効期限を確認することが大切です。車載器を設置した後は、割引を受けたり、左ハンドルの車でも料金所をノンストップで通過できたりすることが可能になります。また、ETCカードでの支払額に応じて付与されるポイントが貯まると通行料金として使えるマイレージサービスも利用できます。...
会員は、ネット予約で最大15%オフ!

6時間2,000円から利用可能