知っ得情報

レンタカーでチャイルドシートを借りるには?大切な家族と素敵な思い出を作るために注意すること

レンタカーでチャイルドシートをレンタルしなければならない理由

旅行やお出かけの際に、レンタカーを利用するシーンはたくさんありますよね。

小さい子供がいる場合、レンタカーであってもチャイルドシートは設置しなければなりません。

これは法律で定められており、違反が発覚すると罰則が科せられます。レンタカーを利用するときのチャイルドシートのレンタル方法や注意点などを解説します。

レンタカーを最大15%安く借りられるカースタレンタカー

ネット予約で最大15%offになるレンタカーを予約する

レンタカーでをチャイルドシートをレンタルする手順

レンタカーをレンタルする際にチャイルドシートが必要な場合、あらかじめレンタルの手順を確認しておきましょう。

レンタカーでのチャイルドシートレンタル方法

当日になってチャイルドシートのレンタルや設置で慌てたり時間をロスすることがないようにしてください。

必要なチャイルドシートの種類を確認

チャイルドシートと一口にいってもその種類は子供のサイズに応じてさまざまなものがあります。

子供に合わせて最適なサイズのチャイルドシートをレンタルしてください。

新生児から1歳くらいまで、体重が10キロ未満の子供にはベビーシートという一番コンパクトなチャイルドシートが必要です。

これには後ろ向きに設置するもの、横向きに設置するものがあります。普段使っているのはどちらのタイプかを確認してレンタルしましょう。

1歳から4歳くらいまで、18キロ以下の子供には一般的なチャイルドシートが使われます。新生児のようにまだ首が座っていない段階から使えるものや、小学生になっても使える大きめのものがあります。子供の大きさに合わせて最適なものを選んでください。

4歳~10歳前後で、36キロ以下の子供にはジュニアシートがあります。

座席の高さを高くする程度のものですが、これがあることで安定して座れるようになり、シートベルトをきちんと留められます。

事前に予約をしておく

レンタカーを事前に予約する場合はチャイルドシートも一緒に予約できることがほとんどです。
車だけ予約しておいて当日実際にチャイルドシートのサイズや種類を見て選ぶという方法もありますが、当日は最適なチャイルドシートがレンタルで出てしまっている可能性もあるので注意しましょう。

不安な場合は前もってレンタカー会社に相談し、最適なサイズのチャイルドシートを用意しておいてもらうのがおすすめです。

当日店頭でレンタルする

当日に予約しておいたチャイルドシートも車と一緒にレンタルします。
予約していなかった場合は当日にチャイルドシートのレンタルの申請をしなければなりません。

先述の通り、最適なサイズがなかったりチャイルドシートが用意されていない可能性もありますので注意しましょう。

今日借りたい!レンタカーの当日予約ができる会社一覧【比較8社】

当日予約できるレンタカー会社
今日借りたい!レンタカーの当日予約ができる会社一覧【比較8社】急に車が必要になったとき、レンタカーがすぐに借りられると便利です。最短で30分前までの予約が可能なレンタカー会社もありますが、注意したいのが営業開始時間から借りたい場合の予約の締め切り時間です。当日予約できるレンタカー会社の最短予約時間をまとめました。...

レンタカー会社では基本的にチャイルドシートの設置はおこなってくれません。

対応してくれるチャイルドシート会社もありますが、自分で設置しなければならないものと思っておきましょう。
チャイルドシートをレンタルしても正しく設置しなければ大きな事故につながる原因になってしまいます。スムーズに正確に設置しましょう。

チャイルドシートを借りる4つの注意点

レンタカー会社からチャイルドシートをレンタルする際、また設置する際の注意点について解説します。

チャイルドシートを借りる4つの注意点

事前に確認して、安全な車の旅ができるようにしましょう。

チャイルドシートは持ち込みも可能

レンタカー会社からチャイルドシートをレンタルすることは可能ですが、そうではなく普段使っているチャイルドシートを持ち込むことも可能です。

普段使い慣れたチャイルドシートの方が子供も安心できますし、保護者にとっても使い勝手がいいです。

大きな荷物となってしまいますが、レンタルするのが不安、レンタル料金を節約したい、使い慣れたチャイルドシートを使いたいという場合はチャイルドシートを持参しましょう。

子供の体型や身長から選ぶ

チャイルドシートを選ぶ際はさまざまな基準がありますが、「〇歳から〇歳まで」という年齢の表記だけで選ばないようにしてください。

子供の成長はそれぞれで、まだ体が小さい子供、平均よりも大きい子供もいます。

年齢の表記だけで選んでしまうと子供の体がしっかり固定できなかったり、反対に窮屈に感じてしまう可能性もあります。

とくに長時間レンタカーで移動する際、少しでも快適に過ごしてもらうためには体に合ったチャイルドシート選びが大切です。

チャイルドシートのレンタル料金も確認

チャイルドシートのレンタルは基本的に料金が発生します。

1000円前後でレンタルできるレンタカー会社が多いですが、大きなチャイルドシートとコンパクトなジュニアシートではレンタル料金が変わることもあります。

チャイルドシートのレンタル料金がサイトなどに記載されていない場合は前もって予約の段階で確認しておきましょう。

決して高額ではありませんが、思わぬ出費となってしまう可能性があるので注意が必要です。

チャイルドシートの免除条件を確認

チャイルドシートの設置は法律で義務付けられていますが、場合によっては設置を免除されるケースもあります。

座席の構造上チャイルドシートが設置できない場合や、チャイルドシートを設置すると全員が乗車できないとき、さらに子供が怪我などをしておりチャイルドシートに乗せると悪化の可能性があるときなどが免除の対象です。

体が大きすぎてチャイルドシートを適切に使えない場合もチャイルドシートの使用が免除されます。

免除の対象となっている場合はその旨をきちんとレンタカー会社に伝えておきましょう。

上記以外の理由でチャイルドシートを設置しておらず明確な理由が説明できない場合は違法行為とみなされる可能性もあります。

例外として、子供を病院などへ救急搬送しなければならないときはチャイルドシートの使用は免除されます。

カースタレンタカーならチャイルドシートのレンタルが可能

さまざまな車種のレンタカーを用意しているカースタレンタカーでは、チャイルドシートのレンタルもおこなっています。

レンタル料金は1日あたり550円、上限1100円とリーズナブルです。

カースタレンタカーでは、車のレンタル料金自体もわかりやすくご提示しています。レンタル料金は6時間2000円〜です。

また、ホームページでは、料金シミュレーションもご用意しています。レンタルしたい日程や車種を選択すれば料金やプランをご確認いただけるため、非常に便利です。

そのまま予約も可能ですので、日程や時間が決まっているのであれば早めのご予約をご検討ください!

北海道から沖縄県まで全国各地からレンタルが可能です。旅行やお出かけに車が必要になったときは、ぜひカースタレンタカーをご利用ください。

まとめ

レンタカーを利用する際のチャイルドシートについて解説しました。
6歳未満の子供を乗車させる場合、法律でチャイルドシートの設置が義務付けられています。

普段使っているチャイルドシートを持ち込むこともできますが、荷物を少なくしたい場合はレンタカー会社からレンタルするのがおすすめです。

子供の大きさによって最適なチャイルドシートのサイズは変わります。また、使い心地や乗り心地なども普段とは違いますので、子供と一緒に安全、快適にドライブができるチャイルドシートを選びましょう。

会員は、ネット予約で最大15%オフ!

6時間2,000円から利用可能