知っ得情報

レンタカーの乗り捨てとは?同一エリア内の店舗なら返却場所が変わっても無料!

レンタカーの乗り捨て利用例

レンタカーといえば、契約した期間だけ車を借りて決められた日に返却するというシステムが一般的です。

通常はレンタカー会社の店舗に車を取りに行き、返却するときも同じ店舗に持ち込むことになります。

ただし、この返却がなかなか厄介で「返却後の足をどうするか」「どのタイミングで車を返すか」など、レンタカーが枷になって自由に動けなくなることも多いでしょう。

そんな面倒さを感じずにレンタカーを利用できるのが「レンタカーの乗り捨て」サービスです。

今回は、レンタカーの乗り捨てについて分かりやすく解説し、便利な使い方や申し込み方法について解説します。

レンタカーの乗り捨てサービスとは

レンタカーの乗り捨てサービス概要

レンタカーの乗り捨てサービスは、「ワンウェイレンタカー」と表現されることも多く、言葉のとおり片道だけ乗って、移動先で乗り捨ててくるレンタカーサービスのひとつです。

乗り捨てるといっても好きなところに車を置き去りにするのではなく、同じレンタカー会社の別の営業所や店舗に返却するシステムです。

たとえば、東京都内で車を借りて、埼玉県内で乗り捨ててそのまま別の交通機関を利用するというように、身軽に動けるのがレンタカー乗り捨てサービスの特徴です。

返し方以外は、通常のレンタカーとの差はなく、自由に乗り回せます。

多くのレンタカー会社が提供しているサービスですが、レンタカー会社によって対応しているエリアや料金に差があります。

レンタカーの乗り捨てにかかる費用

レンタカーの乗り捨てサービスは、ほとんどの場合は同一エリア内の店舗であれば無料で利用できます。

県外の店舗になると、借りた店舗と返却する店舗間の距離に応じて乗り捨て料金がかかるようになります。

東京で借りて大阪で乗り捨てる場合は、37,000円前後の乗り捨て料金が平均的です。

距離が伸びれば伸びるほど乗り捨て料金は高くなりますが、利用する人数によっては新幹線や飛行機を使うよりも移動費用をずっと安く抑えられます。

レンタカー会社によっても料金設定が異なるため、乗り捨てる場所が決まったら一度確認してみましょう。

また、指定した場所にレンタカーを届けてもらえる「配車サービス」や、返却時に車を引き取りに来てもらう「引き取りサービス」などを利用する場合は、その分の料金も別にかかります。

レンタカーの乗り捨てはこんなときに便利

レンタカーの乗り捨て利用例

レンタカーの乗り捨ては「片道だけ車を使いたい」ときに非常に役立ちます。代表的なシーンを4つご紹介しましょう。

1. 片道だけ車を使いたいとき

旅行や帰省をするときに、「行きだけレンタカーを借りて寄り道をしながらのんびり目的地に向かい、帰りは新幹線や飛行機で早く帰る」ということも、乗り捨てサービスを利用すれば可能です。

また、出発がバラバラになるときにも便利です!

妻と子どもだけ先に目的地に向かい、仕事が終わった後に夫が合流して、帰りはレンタカーで家族一緒に帰り、自宅近くの店舗で返却するというような使い方もできます。

2. 旅行先で身軽に動きたいとき

旅行先でレンタカーを使い、観光を楽しんだ後に駅や空港で乗り捨ててそのまま帰るというのも身軽に動けて便利な使い方です。

車に荷物を積んだまま移動して、最後は駅や空港近くで返却できるので、大きな荷物やお土産を抱えて長距離移動する必要がなく、時間的にも肉体的にも余裕のある旅を楽しめるでしょう。

3. 業者を使わない引越し

ひとり暮らしの引越しや、近い場所への引越しの場合は、費用を節約するために引越し業者に依頼しない人が多いです。そのときにも、レンタカーの乗り捨てサービスはとても便利です。

新居まで荷物を積んで移動して、そのまま新居近くの店舗に返却するだけなので、引越し作業で忙しくても負担になりません。

4. まとめ買いやかさ張るものの買い物

郊外型の大型スーパーでのまとめ買いや、家具・かさ張る紙類などを購入しに行くときにも、レンタカーの乗り捨てが活躍します。

商業施設に向かうときはバスや電車を利用し、荷物が増えて移動が大変になる帰りだけレンタカーを利用し、自宅まで運んでから自宅近くの店舗に車を返却できます。

レンタカーの乗り捨てを利用する際の3つの注意点

レンタカー乗り捨ての3つの注意点

便利なレンタカーの乗り捨てサービスですが、利用する場合は少しだけ注意するべきことがあります。

1. 乗り捨てに対応しているエリアか確認する

1番に気を付けたいのは、利用したいレンタカー会社が対応している乗り捨て可能エリアです。

レンタカーの乗り捨てサービスを提供しているレンタカー会社でも、乗り捨てたい場所が対応エリア外であった場合は乗り捨てサービスを利用できません。

レンタカー会社によって対応エリアが大きく違うため、車を借りるエリアと返却したいエリアの両方に店舗があり、乗り捨てに対応しているかを必ず注意しておきましょう。

2. 事前に乗り捨てサービスに申し込んでおく

乗り捨てサービスを提供しているレンタカー会社の多くは、事前の申し込みが必須です。

通常のレンタカーサービスで車を借りた後、予定が変わって旅行先で乗り捨てたいとなっても、対応してもらえなかったり、追加料金がかかったりします。

3. 返却する店舗は指定する必要がある

乗り捨てサービスに対応しているエリア内だとしても、全ての店舗に車を返却できるわけではありません。

契約時に返却する店舗を指定することになるため、都合のよい場所をあらかじめ検討しておく必要があります。

指定したのと別の店舗に返却してしまうと、手数料が追加されたり、対応してもらえなかったりすることもあるため、返却店舗は慎重に決めてください。

できるだけ事前に計画を立てておき、乗り捨てサービスを利用したい場合は車種やレンタル期間を決める際に一緒に申し込みをするようにしましょう。

レンタカー乗り捨てのメリットとデメリット

レンタカー乗り捨てのメリットデメリット

レンタカーの乗り捨ては身軽に動けて、返却する手間がないというメリットが魅力です。

ほかにもいろいろなメリットがある反面、利用する前に知っておきたいデメリットもあります。

レンタカー乗り捨てのメリット

レンタカーの乗り捨てで1番に挙げられるメリットは、やはり手間がかからないという点です。

旅先や移動先の近くにある店舗に返せるので、往復の足や時間を考える必要がありません。

同一エリアでは無料で利用できたり、近い距離なら乗り捨て手数料が安くすんだりする場合もあるため、移動費用を抑えやすいのもメリットです。

車を利用する人数が多いほどひとり当たりの移動費用も減るため、複数人で移動する場合はとくにメリットが大きいでしょう。

レンタカー乗り捨てのデメリット

ひとりで遠方に移動する場合は、飛行機や新幹線よりも移動費用が高くなることがあります。

レンタカー料金に加えてエリア外の乗り捨て料金もかかることになるため、移動距離と契約日数によっては10万円を超えることもあります。

利用する人数・レンタカーの基本料金・乗り捨てにかかる費用をよく考えて利用するようにしましょう。

レンタカーの乗り捨ての選び方

レンタカーの乗り捨てサービスを提供しているレンタカー会社はとても多く、どの会社を利用するか迷ってしまいます。そんなときは、以下のポイントに注目して選びましょう。 

  • 対応エリアの広さと店舗の多さ
  • 使いたい車種があるか
  • 乗り捨てサービスの料金
  • 営業時間

とくに対応エリアの広さと店舗の多さ、乗り捨てサービスの料金は重要です。

対応エリアが広くて店舗も多ければ、返却場所の選択肢も広くなるのでより便利に使えます。

乗り捨てサービスの料金はWEB上でシミュレーションできることが多いので、乗りたい車種と移動プランが決まったら料金を確認してみてください。

同一エリアや近い場所でレンタカーの乗り捨てをしたい場合は、同一エリア内なら無料のレンタカー会社を選ぶのがおすすめです。

車好きな人なら車種にも注目しましょう。

レンタカー会社によって強い車種が違い、使いやすいコンパクトカーが多いところや、家族向けのバンや大型車が強いところ、スポーツカーや高級車が得意な会社もあります。

レンタカーの乗り捨てを利用する方法

レンタカーの乗り捨てサービスを利用したい場合は、レンタカーの予約をする際に一緒に申し込むことになります。

WEB予約システムを使うのであれば、借りる店舗・日時・期間・車種・補償内容などを決めるときに、一緒に返却店舗も決めることになります。

近くの店舗に行って申し込みをするときも同じなので、乗り捨てでレンタカーを利用することが決まったら、乗り捨てたいエリアの店舗をあらかじめ確認しておくとスムーズです。

また、配車サービスや引き取りサービスなど、追加サービスを受けたいときも基本的には申し込み時にまとめて伝える必要があります。

うっかり申し込みを忘れてあとから依頼すると、高い料金になってしまったり、対応してもらえなかったりすることがあるので注意しましょう。

まとめ

レンタカーの乗り捨ては移動手段として非常に便利で、とくに片道だけ車を使いたいときに大活躍します。

旅行先や帰省時はもちろん、引越しや買い物といった近距離・短時間でも使いやすいのがレンタカーの乗り捨ての大きな魅力です。

レンタカーの乗り捨てサービスを利用する場合は、対応エリアを必ず確認してください。

乗りたい場所と乗り捨てたい場所をあらかじめ決めておき、そのエリアに対応しているレンタカー会社をピックアップして、料金や車種、営業時間などで絞り込んでいくといいでしょう。

特に多人数で一緒に移動するときのレンタカーの乗り捨ては、移動費用を大きく節約できます。

片道だけ車を複数人で使いたいとお考えの際は、ぜひ検討してみてください。