知っ得情報

【レンタカーVS自家用車】レンタカー利用だと年間170万円安い!?

自家用車の費用

自家用車とレンタカーのどちらにしようか迷っている方は少なくありません。

自家用車を持つ場合、車の購入代金に加えて車検や保険料などの各種料金が毎年発生します。

一方、レンタカーは、レンタル料を支払えば必要なときに車を使用でき、あまり頻繁に車を使用しない人であれば、自家用車よりもずっと費用が抑えられると考えられます。

今回の記事では、自家用車とレンタカーのどっちがお得なのか、自家用車にかかる費用やレンタカーにかかる費用についてご紹介します。

レンタカーと自家用車のどちらにしようかとお悩みの方は、参考にしてください。

使用頻度によってどちらがお得か変わる

結論として、自家用車とレンタカーのどちらがお得かという問いは、その人のライフスタイルと乗る頻度によって異なります。

もちろん、簡易的なシミュレーションは紹介しますよ!

車の使用頻度が少ない人、週末だけ車を利用したいという人は、レンタカーがお得です。
通勤や子供の送り迎えを行う方、田舎で車がないと生活がしづらいという方の場合は、自家用車のほうがお得です。

このように、大雑把に述べれば、車にあまり乗らない方はレンタカー、よく乗る方は自家用車を選ぶとよいです。

その場合は、自家用車にかかる費用、レンタカーにかかる費用を具体的に算出して、自身の想定する使用頻度と照らし合わせてお得かどうか考えるとよいでしょう。

自家用車にかかる費用

自家用車の費用

自家用車を利用するには、下記の維持費が発生します。

  • 車本体
    ※目安:50万~
  • 保険
    ※目安:年間5~12万円
  • 税金
    ※目安:年間3万円前後
  • 車検
    ※目安:2年毎15万円前後
  • メンテナンス費
    ※使用頻度によって異なる
  • 維持費(駐車場やガソリン)
    ※お住いのエリアによって異なる

車本体の価格は、車種や車の状態によって大きく変わります。

新車であれば、100万円以上することも珍しくなく、中古でも50万円程度はかかります。

車を所有する方は、任意保険に加入している人が多いです。

ある程度ばらつきがありますが、任意保険の料金は年間5~12万円程度と考えておくとよいでしょう。

(車種にもよりますが)自動車税は年3万円程度かかり、車検は1回15万円ほどの出費(2年ごとに行う)です。

車を長年使用すれば、劣化や故障してしまうこともありますので、修理代も車を維持していくうえで想定しておく出費です。

また、ガソリンは必須であり、その出費も決して無視できるものではありません。
維持費をまとめた主な内容が下記です。

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 車のローン代
  • 高速代

都内では月々4万円、地方であれば1万5,000円程度で駐車場が借りることができます。

車を購入する場合は、一括支払いではなく、分割支払いにして、ローンを組む方も多いでしょう。

その場合は、毎月ローンの支払いがあることを忘れてはいけません。

このように、自家用車を保有すると、車の本体価格とは別に年間数十万円の維持費が必要です。

レンタカーにかかる費用

レンタカーにかかる費用

レンタカーのレンタル料金は、車の車種、レンタルする時間、レンタルする時期によって変わります。

近年では、1時間からレンタルが可能なレンタカー屋もあります。

カースタレンタカー

レンタカーを
予約する

車のレンタル料は、一律ではなく、時期、季節によって変動します。

レンタカーの需要が高まる繁忙期、たとえばお盆や年末年始といった時期には、レンタル料金が高騰することがあります。

1日当たりのレンタカー代の目安は、こちらの記事から!

=> レンタカー1日の目安金額はいくら?安くおさえるコツを紹介【比較7社】

レンタカー利用にかかる費用は、車のレンタル代だけではありません。

  • 保険(補償)代
  • 給油代
  • 行った先々での駐車場代
  • オプション代
  • 高速代

こうしたプラスαの費用もかかります。

万が一事故を起こした場合に補償してくれる任意保険は、80%の人が加入しているデータも出ています。

レンタカーを借りる時の保険の重要性
レンタカーの保険(補償)は入るべき?みんなの意識調査レンタカー利用時に、必ず聞かれるのが「オプションの保険(補償)に入られますか?」ですね。 運転の腕に自信のある方ならば、思わず「必...

基本的に、レンタカーはガソリン満タンで返却することが決まりとなっていますので給油代は必ず発生します。

オプション代には、たとえばカーナビの利用などが挙げられます。

レンタカーにはカーナビが付いていない場合もあり、利用する場合はオプションで取り付ける必要があります。

このように、レンタカーを利用するには、車のレンタル料のほかに、ガソリン代や駐車場代などが必要です。

これらの費用を合算すると、レンタカーの利用料は、1日当たり1万円程度と考えるのが妥当でしょう。

維持費をシミュレート

自家用車を利用する場合は、車の購入代金に加え、車検やメンテナンス費用を含めると少なくとも1年で数十万円の維持費がかかります。

一方、レンタカーを利用した場合の総費用は、1日当たり1万円です。
(※車種レンタル:6,000円、がソリン代や駐車場代で仮に4,000円と設定)

維持費の比較
  • 【自家用車】1年で数十万円の維持費
  • 【レンタカー】1日当たり1万円

毎週末、車を利用する場合は年間で96万の差

毎週末に車を利用するとお得

1年は約52週であるので、土曜、日曜の数は約104日です。
※祝祭日は考えないことにします。

レンタカーの利用料は、1日当たり1万円として計算すると、週末に毎回レンタカーを借りた場合は年間104万円の出費です。

自家用車にかかる維持費は、(車の状態などによってばらつきがありますが)ここでは年50万円と仮定し、車の価格は150万円として計算します。

  • レンタカー:104万円
  • 自家用車:200万円

もちろん車に乗る頻度次第ですが、毎週レンタカーを借りる人でなければレンタカー利用費もググっと下がります。

年間の維持費を見るとレンタカー利用をしたほうが96万円も安上がりということになります!

毎月1回、車を利用する場合は年間で176万の差

毎月1回でもレンタカーを利用するとお得

毎月1回、土日の利用だと年24日車に乗ることになります
※祝祭日は考えないことにします。

レンタカーの利用料は、1日当たり1万円として計算すると、年間24万円の出費です。

自家用車の維持費を先ほどの例のままとすると

  • レンタカー:24万円
  • 自家用車:200万円

となり、年間で176万円の差が出ます。

ただし、自家用車の購入費用を払い終えた場合は、その分は不要となるので長年乗り続けるのであれば年間発生する費用は自家用車のほうが安上がりになります。

まとめ

自家用車にかかる費用、レンタカーにかかる費用、レンタカーと自家用車のどちらがお得なのかについて解説しました。

レンタカーと自家用車は、状況に応じてどちらがお得かが変わります。

ただし、毎週の車利用であってもレンタカーのほうが年100万円はお得です。

毎週土曜、日曜にレンタカーをまる1日レンタルする場合、1年目の出費はレンタカーと自家用車で大差はありません。このことを基準にして、自身の車の使用頻度を考慮したうえで、各々のライフスタイルに合った選択をしましょう。