レンタカー業界

確実に予約したい!レンタカー業界の繁忙期はいつ?

レンタカーの予約

レンタカー業界の繁忙期とはいつ頃だと思いますか?

いざ自分が使いたい時に予約がとれないと困りますよね。

多くの業界にシーズンがあるようにやはりレンタカー業界にもお客様が集中する時期があります。

今回はそんなレンタカー業界の一般的な繁忙期や予約が確実にとれる予約可能開始日、そしてレンタカーを利用する際に気をつけておきたいポイントなどについて説明します。

レンタカーの需要が一番多い時期とは?

レンタカー業界の一番の繁忙期は、多くの学生が夏休みに入ったり、家族でお盆に帰省する機会のある8月だと言えます。

やはり長期のお休みに入ると、その分人の移動も必然的に増加します。

この時期は普段は車を保有していない学生の利用や、帰省のため少し大きめのファミリーカーを借りるなどの需要が目立ち、予約がとれにくいこともあるでしょう。

そして需要の人数に比例し、レンタル金額の設定にも差があり、1日500円が追加料金として発生するハイシーズン料金というものが設定されています。

他にもゴールデンウィークや引っ越しが多い3月も予約の数が増える傾向にあります。

一般的なコンパクトカーではなく、行楽シーズンであればファミリーカー、引っ越しの時期であれば2トン車や箱形のバンなどが人気の車種になることからも分かるように、需要に応じて早めに予約が埋まっていく車両もあります。

従って、自分が利用する予定がある方は、予約を取る時期にも気を配る必要があります。

予約可能開始日はいつ?そして予約にはどんな方法があるの?

特に夏休みやゴールデンウィークなどの繁忙期においては、直前での予約が困難になることも十分考えられます。

自分が利用する時期や車両種類などを考慮して、早めに予約を取ることをおすすめします。

もし予定の変更や、キャンセルになってしまった場合でも、出発予定時間の2時間前までWebで変更することも可能です。

ただし気をつけておかないといけないことは、出発日の前日から前々日は基本料金の30%、当日は50%、仮に無断キャンセルであった場合は100%のキャンセル料が発生するといった規約がレンタカー会社毎にあるということを忘れてはいけません。

レンタカー利用時に気をつけておきたいことは?

繁忙期に限ったことではありませんが、レンタカー利用時には必要なものや気をつけておくべき点がいくつかあります。

まず、レンタカー貸出時に忘れてはいけない必須なものと言えば運転免許証です。

これはレンタカーをかりる本人のものはもちろんのこと、最初に提示しておけば複数名で運転することも可能なので、グループなどで出かける際は運転する可能性のある方全員分の免許証の提示が義務づけられています。

また免許証以外にも、住所が明記されている本人確認のできる物が必要となってきます。

代表的なものには健康保険証や、ガスや電気など公共機関の明細書などですが、レンタカーをスムーズに借りるためにも、何が必要なのかを事前にきちんと把握しておくことは大切です。

不明なことについては電話などで確認し、できるだけ不安を解消しておくようにすることで、安心してレンタカーを利用することができます。また返却時にはガソリンを満タンにすることも忘れないようにしましょう。

最後に忘れてはいけないのが保険の加入です。多くのレンタカー店舗では万が一のリスクを考慮して安心保証プランなどの任意保険の加入をおすすめしています。

車の運転をする以上、安全運転を心がけていても事故のリスクは常に隣り合わせです。

レンタカーは普段運転なれしている車ではないので、そのリスクはさらに高くなる可能性もあります。

ちなみにカースレンタカーでは、事故対応は24時間365日受付可能です。安心で充実したレンタカーライフを送るためにも、免責保証制度や安心保証プランなどの任意保険の加入は検討しておきたいポイントです。

まとめ

一年を通してのレンタカーの利用目的は様々ですが、8月などの繁忙期は需要が高まるため予約が集中する傾向にあります。

レンタカーは、自分が利用したいときに利用できるというのが理想の形態です。

レンタカーをよりスムーズに快適に利用するためには、繁忙期や予約可能日、イージースタート機能などのプラスアルファの利用方法などを把握しておく必要があります。