仙台秋保大滝|6時間2,000円~カースタレンタカー

マイナスイオンで癒される
「仙台秋保大滝」

10分で読める

観光時間は約1時間

最終更新:

仙台旅行をするとしたら、必ず訪れたい観光スポットの1つである「秋保大滝」。秋保温泉から車で約5分、仙台駅周辺から約30分なのでアクセスは抜群です!

豪快な滝と木々に囲われた自然の中で、日常で疲れた心身を癒してくれる一押しポイント。

滝つぼに行くと自然と笑顔になり、滝のしぶきと冷たい空気に包まれることでしょう。幅6m、高さは55mから一気に流れ落ちる水の音と巻きあがる風は圧巻です!

  • 天気と太陽の光次第では、所々で虹が見えることも!

山奥に存在する立派な滝を見ることで「旅行をしている感」を全身で感じることができるパワースポット!

秋保大滝の口コミ(じゃらんネット)では、こんな声もあります。

  • 春・夏・秋・冬とどの季節に行っても秋保大滝はオススメです。滝見台からもマイナスイオンが浴びれますし、滝壺に行っても違う景色が見れます。滝見台のお茶屋さんも空いていたら、是非おすすめします。

秋保大滝(あきうおおたき)とは

秋保大滝(あきうおおたき)は、宮城県仙台市太白区秋保町にある滝。蔵王国定公園および県立自然公園二口峡谷の地域内を流れる名取川上流部において、落差55m、幅6mで流れ落ちる。国の名勝に指定されており、日本の滝百選の1つにも数えられる。 諸説あるが「日本三大名瀑」あるいは「日本三名瀑」の1つに数えられることがある。
(Wikipediaより)

仙台市街地から、車でわずか30分前後で景色が激変する場所に位置しています。

  • 奥州三名湯の1つでもある「秋保温泉」の旅館に宿泊すれば、約5分で到着できます!

展望台から眺める上からの眺望と、滝つぼ付近から全体を見上げる眺望の2パターン楽しめる観光スポットです。

秋保大滝の2つの撮影スポット

どちらの景色でも、「滝の顔」が違って見えます

  • < 滝の上から >

    秋保大滝を展望台から望む

    大きな駐車場がある「大滝れすとはうす」から近い展望台から秋保大滝を眺めることができます。滝の一部しか見れない他、展望台は2~3名程度の広さなので大人数での写真は難しいです。余裕があれば滝下までGO!

  • < 滝の下から >

    秋保大滝の滝つぼからの風景

    展望台から約10分、滝下の駐車場からは約5分で滝つぼまで行くことができます。滝つぼ付近までは、急な階段を下ることになるのでベビーカーでは行けないので注意が必要です。また、足腰が弱い方も控えたほうが吉。

楽しむポイント

せっかくだったら秋保大滝を全体で見たい人は、下の駐車場から行きましょう。
(※5-10台前後しかスペースがないので、早い者順です。)

一旦、下の駐車場に行って空いてなかったら上の駐車場に停めることをおすすめします!

ただ下の駐車場であっても、足元は悪い階段が300段程度は続くので帰り道はちょっとツライかもしれません。

基本情報

所在地
〒982-0244
宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝
Google Mapを見る
お問い合わせ
秋保温泉郷観光案内所
※秋保大滝の現地番号ではありません
022-398-2323
紅葉の
見ごろ
10月中旬~11月上旬
混雑情報

駐車場混雑グラフ(単位:時)

約150台(上)、約10台(下)

  • ~9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17~

混雑ピーク

狙い目

駐車場とフォトスポット

※カメラマークはオススメのフォトスポットです。

  • 大滝れすとはうす付近の駐車場

    上の駐車場

  • 秋保大滝付近の駐車場

    下の駐車場

  • 仙台旅行を案内するカースタ君

    展望台と滝つぼも両方行く場合は、写真撮影含めて1時間は予定を取っておくと良いですよ♪

「滝の上」から秋保大滝を覗いてみる

一番大きな上の駐車場は、約150台(無料)で停められます。仙台市街地・秋保温泉方面から国道62号線を走っていけばに駐車場が右手側にあります。道の駅のように見つけやすい場所なので安心してください。

大滝れすとはうす付近の駐車場
  • 仙台旅行を案内するカースタ君

    さっそく車を降りて展望台へ行きましょ~

駐車場に車を停めたら、仙台市街地・秋保方面へ少し歩くと鳥居が出てくるので、ここをくぐって森林の中を進んでいきます。

秋保大滝までの道のり

どんどん進んでいくと、何やらゴーっという音が少しずつ大きく聞こえてきます。

秋保大滝までの道のり

分岐点が来るので左に進みます。

秋保大滝までの道のり

デデーン!!

  • 迫力満点!!!

鳥居をくぐったら、2分程度で展望台へ着きます!

滝を上から眺める形ですが、ちょっと距離があります。

展望台から秋保大滝を覗き込む

記念写真を撮るとしたら、秋保大滝を背景にすると良いのですが、展望台が狭いので滝があまり映らない可能性も・・・

そして、展望台近くに雰囲気が最高な茶屋があるのでお団子やおしるこを頼みつつ一休みするのも旅行の「醍醐味」ですよね♪。

展望台から滝つぼ付近までは、ここから歩いて10~15分くらいです。

楽しむワンポイント

せっかくだったら秋保大滝を下から眺める滝つぼまで行きましょう♪

歩いて行っても良いですが、林道を通っていくので足元がぐちゃぐちゃになりがちな雨天時や時間を短縮したい人は、大滝れすとはうすに停めた車に乗って滝つぼ下の駐車場まで車で移動すると楽です。

ちなみに、展望台から徒歩で進んでいくとこのような林道を通ります!

時には急な階段や道もありますが、自然を楽しみたい人はぜひどうぞ♪

  • 雨上がりの時は、滑りやすいので注意しましょう。

「滝つぼ付近」から秋保大滝を覗いてみる

秋保大滝滝つぼ駐車場

秋保温泉滝つぼ駐車場は狭く、5~10台程度のスペースがあります。秋保大滝の全体を撮りたい人、迫力ある滝を間近で見たい人は、展望台(上からの眺望)ではなく滝つぼ付近までGO!

  • 仙台旅行を案内するカースタ君

    足元が急なので、歩きやすい靴で行くべし!

駐車場に車を停めたら道路を渡って、階段を約200段降りていきます。

大滝れすとはうす付近の駐車場

この階段からスタート

ひたすら降りていくと、途中から秋保大滝が視界に入ってきます!

降りきった滝の目の前の場所は、ちょっと岩がゴツゴツしています!

この岩場ゾーンを超えると、秋保大滝を対面することができます。

デデーン!!

秋保大滝と対面

新緑や紅葉シーズンに行くと、周辺の森の雰囲気も合わさって自然そのものを全身で感じることができます!

「友達」「恋人」「家族」「1人」いろんな人が訪れますが滝つぼ周辺は割と広めなので好きな角度で撮影することができます。

撮影のワンポイント

滝の立体感を演出したいのなら、カメラを地面すれすれに置いて滝を見上げるような確度でセルフタイマー撮影すると良いですよ!

【撮影構図イメージ】

  • 左半分:滝が映るように
  • 右半分:人物が映るように
 

このように配置して撮影すると構図としてはぴったりですが、当日の太陽光の入り方や天気によって変わるので調整してみてください♪

秋保大滝の所在と概要のおさらい

ぜひチェックしておきましょう!
もし秋保大滝に近くの宿泊施設を検討している人は、口コミ4.0以上の良い宿も参考にしてください!

基本情報

所在地
〒982-0244
宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝
Google Mapを見る
お問い合わせ
秋保温泉郷観光案内所
※秋保大滝の現地番号ではありません
022-398-2323
紅葉の
見ごろ
10月中旬~11月上旬
混雑情報

駐車場混雑グラフ(単位:時)

約150台(上)、約10台(下)

  • ~9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17~

混雑ピーク

狙い目

駐車場情報

  • 【上の駐車場】
    大滝れすとはうす駐車場(約150台)

  • 大滝れすとはうす付近の駐車場

    【下の駐車場】
    秋保大滝滝つぼ駐車場(約10台)

それぞれの駐車場と秋保大滝までの距離間は、下記のイメージマップを参考にしてください!

秋保大滝周辺のおすすめ宿

  • ホテル瑞鳳

    仙台秋保温泉
    ホテル瑞鳳

    口コミ点数:4.5 ★★★★

    (秋保大滝から車で約20分)

    公式サイトを見る
  • 秋保グランドホテル

    仙台秋保温泉
    秋保グランドホテル

    口コミ点数:4.1 ★★★★

    (秋保大滝から車で約20分)

    公式サイトを見る
  • ゆづくしsalon 一の坊

    作並温泉
    ゆづくしsalon 一の坊

    口コミ点数:4.6 ★★★★★

    (秋保大滝から車で約30分)

    公式サイトを見る