<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=1319143741506939&ev=PageView&noscript=1" /> 近年のレンタカーの利用方法に多様性の傾向|6時間2,000円~カースタレンタカー

近年のレンタカーの利用方法に多様性の傾向

近年のレンタカーの利用方法に多様性の傾向

レンタカーを利用したい時間や求めている車両はお客様1人ひとりで違います。お客様の様々なニーズ、そして時代の流れに合わせるように、レンタカーの利用方法の選択肢が広がり多様化してきました。この記事ではレンタカーの様々な用途や、各種取扱い車両、スマホやSNSが普及したことによる会員登録や予約の簡素化について紹介します。





レンタカーの多様性について。使い方の幅が拡大傾向に!



近年レンタカーの利用形態に変化が生まれてきました。これにはいくつか理由が挙げられますが、最大の要因はレンタカー業界の拡大とその利用形態の多様化にあるのではないでしょうか。
以前に比べてレンタカー会社の数が増加したことにより、自分の生活圏内においてより手軽にレンタカーを借りることができるようになりました。それに加え、最短1時間からの短時間貸出や、マンスリープランなどの長期貸出を加えたプランの多様化により、その使い道の選択肢が広がってきています。
レンタカーと言えば、家族や友達同士での旅行や遠出するときの使い道を想像しがちですが、最近では短時間の貸出形態を上手に活用して、少し遠くのスーパーへの買い出しや子供の習い事の送迎に利用するなど、その使い道に変化が見られます。そして家族単位や友達単位だけでなく、社用車としてビジネスに利用する形態も増加傾向にあります。
このように多くの方がそれぞれに合致した形態でレンタカーを利用することが可能となった現在、レンタカーは私たちの身近にそして合理的に私たちの生活に溶け込んできていると言えるでしょう。




使い方の用途が拡大したことに伴い、特殊車両の取扱いも増加



レンタカー用途の多様化に付随し、特殊車両の需要も拡大してきました。特殊車両のなかでも、最近では福祉車両の取扱いが増加している傾向にあります。現在の急激な高齢化社会においては、需要があるのは一般的なコンパクトカーやファミリーカーだけではありません。
電動昇降機が備えつけられており車椅子ごと乗車することが可能な車両や、段差の問題を解決するためにステップや手すりが備え付けられている福祉車両は、現代において欠かすことのできないものとなっています。病院に通院する際やデイサービス利用時など、より現状と目的に合致した車両の取扱いを行なうことで、通常の自家用車ではクリアすることのできない問題点を解決するサービスを提供しています。
福祉車両に次いで近年需要が高い車が、ペット同乗可能な車両です。住居面においても同様なことが言えるように、現代はペットと家族の共存社会が進んでいます。一緒に旅行をしたり、食事に行ったりすることは決して珍しいことではありません。カースタレンタカーでは、ペットを同乗させる際にはゲージに入れるなどの規約にサインするなどの条件をクリアしておけば、ペット同乗可能な車両の取扱いもしており、よりお客様のニーズにあった細やかなサービスの提供を目指しています。




スマホやSNSの利用で会員登録や予約のシステムも多様化



近年のレンタカーの多様化について述べてきましたが、レンタカーの利用が多様化するということは、利用者の年代や職種、利用目的が各々違うということでもあります。つまり、それだけ事故の発生や様々なトラブル発生のリスクを含んでいる場合もあります。
カースタレンタカーではこのような懸念に対して、24h365日対応可能なコールセンターを設置して対応しています。車のトラブルはもちろんのこと、レンタカーに対する疑問点や、時には事故発生時のファーストコンタクト先になれるよう、幅広い状況でコールセンターを利用できることは、利用者の不安や負担の軽減にもつながります。さらに、カースレンタカーでは、お客様の利用後のアンケートを活用することによって、よりよいサービスを提供できるように心がけています。
負担の軽減についてもう一つ忘れてはいけないのが、会員登録や予約システムの簡易化を推進している点です。PCやスマホの普及により、FacebookやヤフーID、グーグルIDなどのソーシャルシステムを使って会員登録や予約システムへのログインが可能であったり、ラインと予約システムとの連携により、予約確認や各種通知をラインで受け取ることが可能です。新しく物事をスタートすることは多くの方が躊躇しがちですが、私たちにとって最も身近なスマホやPCなどのツールを使って利用できるということは、スタート時の障害を低くする上でも有効です。これらによって、より身近に、手軽にレンタカーを利用することが可能になってきたと言えるでしょう。




まとめ


最短1時間からの利用が可能になってきたことからも分かるように、近年ではレンタカーの利用目用途が多様化してきました。福祉車両や時にはキャンピングカーなどの特殊車両を取り扱うこともあります。これに応じるように、レンタカーをより身近に感じて、利用しやすい環境が整ってきており、お客様の細かいニーズにあった利用が可能になっています。賢くレンタカーを利用することによって生活の利便性を向上させるだけでなく、その充実度も高める役割を担っていけるようなサービスの提供を心がけています。
特に若年層にはスマホやSNSの普及によって、より簡単にレンタカーの利用ができるようになっています。機会があればレンタカーの利用にトライしてみるのも選択肢の一つです。

次の記事へ

お近くのレンタカー店を探す